FC2ブログ

阪大落研部ログ

大阪大学落語研究部の部員によるブログです。 部員の日記と大喜利をお楽しみ下さい。

Entries

引退を控えて

はじめまして!
大阪亭水々です!
三回生です!
なのに初めて部ログ書きます!


題にもある通り我々三回生は12月1日の発表会で引退となり、権力を2回生に譲渡するわけです(やったね二回生!)。
引退を間近にひかえて約3年の落研現役生活をふりかえってみると落研に入ってよかったなあと思うことがあります。


ズバリ言うと人間としての幅が広がったこと、人として成長できたことです。


部ログでもたびたび登場してますが後輩の落語を見てアドバイスするリハという制度
これはなかなか難しいもので、うまくできないと見てあげた後輩のネタの出来に関わってきます。
ここで「このネタのおもしさは?」「この子にあったギャグの出し方は?」などを真剣に考え、後輩のネタの問題点、悩みを解決していきます。


ところで僕は文系3回生、留年の予定はないので就職活動の時期に差し掛かっています。
なので最近仕事について考えていますが、ふと「仕事ってリハみたいなもの」やないかなと思います。
事業の問題点を発見し解決する、顧客を満足させるには、売上を上げるには、、、、
こういったことは物事を客観的に批判的に見ること(リハと一緒)がひつようです。
このような能力をリハを通じて磨けたかなと思うわけです。
ちょっと大げさかもですねw


そしてもうひとつ得たもの


これは間違いなく重要で
「人を楽しませる心意気」


人前に出て、注目を集める、いわば見ている人の持っている時間をいただいて、その人の幸福を引き受けるわけです(水々はブリア・サヴァランを尊敬してます)。
そうであるからにはその人に目いっぱい楽しんでもらえるようにがんばらないと。


落研に入って落語を披露するようになってこのことを常に意識するようになりました。
これは落語に限らずどんなときも同じではないでしょうか?
ゼミのプレゼン、会社での会議、友人との食事、恋人との時間
どんな人もつまらないことより楽しいことおもしろいことの方がいいと思います。
背伸びをする必要はなく、ただ必要なのは「楽しませたい」という心意気
これをもってなにかをするだけで(ちょっとだけかもしれないけど)人生楽しくなるのではないでしょうか。



そんなわけで落研の人は人として素晴らしいひとが多いです。

もっとモテてもいいのに。



上に偉そうに書きましたがもう白状します。
そうです
ぼくはモテたいだけです。



だれか結婚してくれーーーーーーーーーーーーーーーー



スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

阪大落研

Author:阪大落研
阪大落研部ログ共同運営者

  • 大阪大学落語研究部部員一同

  • etc...
  • 最近の記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    Since 2006/1/1

    ブロとも申請フォーム

    右サイドメニュー

    About this Blog

    このブログは大阪大学落語研究部員の有志が共同で運営しています。
    部員の日記と大喜利をお楽しみ下さい。

    大喜利進行状況

    *結果発表*
    第○回
    『○○○』

    ブログ内検索

    Twitter

    阪大落研の公式アカウントです。