阪大落研部ログ

大阪大学落語研究部の部員によるブログです。 部員の日記と大喜利をお楽しみ下さい。

Entries

さてさて、本番!

いよいよ明日は大阪大学落語会本番でございます!
緊張してます!大阪亭うっかりでおま!



ということで明日の落語会をもって我々三回生は引退でございます
二年間過ごした同会とも別れてしまうわけです。
寂しいですね…

しかし!そこは僕落研でございますから
寂しいなんて言葉だけでかたづけるのはおもんないので
この日記に私見ではございますが、僕からみた同期たちの印象をつづらせて頂きたいと思います

はい!まずは一人目
銀杏亭駒鳥君
彼は数少ない文字班の相方でございます。
彼のことを一番知っているのがボク!
彼に一番わからなくされるのもボクです、彼は過去のブログに書かれている通り異次元の住人です。
漫才を作る時は彼のセンスを抑え込むのが大変でした。
後輩ができてから後輩かわいいといって僕に構ってくれず少し拗ねたのはここだけの秘密ですよ!


はい、お次は銀杏亭乙魚君!
彼は好青年です。
スポーツジムに通う好青年です、優しい、イケメン、高学歴!
と世の肉食系女子ならばほうっておかないでしょう。
しかし、彼女ができないとなげく乙魚君。
周りからもっとガツガツいけ!もっとセックスアピールをしたら彼女できるんちゃう?
と言われていますが、
僕は見逃しませんでしたよ乙魚君、僕が言ったエゲツない下ネタで笑いを堪える君を!


はいお次は松田久知海ちゃん
彼女の特徴はなんといってもその豊かな表情。
スッキリととおった鼻筋、とパッチリとした二重

は装備しておらず、その顔は美少女というよりもゆるキャラに近いかも笑
顏ばっかりいじってごめんね、本当に
性格の方は素直で優しくて騙されやすいです
だから僕は知海ちゃんが社会に出て変なことされないか心配です。
変なことされたら僕にいうてね、笑うから


はい、お次は大阪亭白留くんです
彼は始めてあった時一言も喋らずにいて気まずかったんですが僕が
「好きなポケモンは何」ときくと
「ぜ、ぜにがめ、え?ポケモン好きなんですか」

と会話のキャッチボールが、知り合ってから5時間後に成立したわけでございます
それからも寡黙で僕が記憶している彼のしゃべっている姿はほとんど落語してるとこです
まぁ、寡黙な人の腹の内は聞いてみるとおもしろいもんでした?
内容?
だいたいポケモンかな………


はいお次は綾紫家小久里ちゃん
彼女は妖怪好きです。
喜々としてようかいについて話す人物を彼女以外に僕は水木しげる以外にしりません。
普段は眠たそうなのに妖怪の話になると起きます
あと日本酒の話になると起きます
おしゃれにも気を使ってます

もはや水木しげるです、水木先生はおしゃれなんですよ
後彼女は愛媛県出身で僕が高知県出身なので四国仲間です
彼女がくれるみかんはうまい


はい、お次は大阪亭うっかり君です
彼は普段から無意識に人の目を気にしているためアナライザーという能力をみにつけたそうです
恥ずかしいですね、
それがいやになったのかスベルや下ネタをいうなどの努力でキャラの確立をしようとしましたがどれも今一つだったようです
現在は自称ツッコミ(笑)で頑張ってるそうです
明日は大喜利の司会します
自称ツッコミが頑張る所をみてあげてください


はい、お次は大阪亭阪大君
彼は一回生の頃からよっ部長候補!とおだてられまんまと部長にさせられた悲劇のシモンでございます
彼は本名が佐々木嗣門という変わった名前をしております
なんやったら芸名の方が地味ですね
その本名いじりでつちかってきたボケへの切り返しは切れ味抜群!
明日の落語ではそこにご注目
僕のライバルです☆マケヘンデー


はい、お次は松田久禅海です
彼は知り合って間もない頃には、聞こえるか聞こえないか、せやけど僕にはよー聞こえるように悪口をいってくる子でした
しかし!今は僕の鼓膜が破れんばかりに
「池ちゃん!だーーーーーーーいすきやでーーっ」
といってくれます
正直どっちも迷惑です(笑)
まぁそれは冗談として彼がいると場が華やぎます
ええようにいいすぎたかな?
いや、そんなことはないか笑
はりきりパワー全開で明日はがんばってね


ほい、お次は大阪亭水水君
彼には僕が勝てる要素がございません
イケメンで、勉強ができて、知り合いがいっぱいいてて、
ちくしょー!!!!!!!!
と思ったことがあったようななかったような
なぜかというと彼は僕でも引くぐらいエロいんです
というか彼のいうエロさがイマイチ理解できないのです
頷いてたけどごめんね、わからへんわ、生クリームがえろいとか
芸術家タイプの水水君です

はい、お次は銀杏亭プードルちゃんです
彼女の特徴はその可愛らしさ!
とかでは全然なく、その声とテンションの高さ
テンション低い時は沢尻エリカ、テンション高い時はアホ全開の女子高生
あー、ギャップ萌え(低)
おじさま方に大人気ですが内気な落研達からは一目おかれる存在でございます
怒った時が怖いよ、姉さん
しかし、その明るさは応援したくなること請け合いですよ!


そして次は松田久Z海です
彼はリアクション王でございます
無茶振りをしても玄人顔負けのリアクションをし
一発ギャグやってーといってもリアクションをし
雨にもまけず風にもまけずリアクションをしていただけます
リアクションを、、、、、、、、、していただけますっ!
どうですか?彼の魅力伝わりましたか?


最後は松田久押海御大です
いやはや、言葉にするのも恐れ多いですがまずどこからもうしあげましょうか
師匠の魅力ですか?フアシネーションとでもいうのでしょうか
なんというかそのーとってご尊顔がー

オモロ笑
ザ、落研という顏しとります
趣味のほとんどが某掲示始まりという王道中の王道のオタクです
ずるいです、その純粋さはずるいです
その純粋さからか予測不可能なタイミングでぼけてきます
僕が二人きりで師匠と部室にいた時急に師匠が
「荒ぶるタカのポーズ、荒ぶる鷹のポーズ、荒ぶる鷹のポーズ」といって
「それボケ?」ときくと
「いや、なんとなく」といってさっていきました
意味がわかりません、味であらわすなら珍味
そんな師匠です


それではみなさんまた明日!
バイバイっ( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

阪大落研

Author:阪大落研
阪大落研部ログ共同運営者

  • 大阪大学落語研究部部員一同

  • etc...
  • 最近の記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    Since 2006/1/1

    ブロとも申請フォーム

    右サイドメニュー

    About this Blog

    このブログは大阪大学落語研究部員の有志が共同で運営しています。
    部員の日記と大喜利をお楽しみ下さい。

    大喜利進行状況

    *結果発表*
    第○回
    『○○○』

    ブログ内検索

    Twitter

    阪大落研の公式アカウントです。